レーザ加工ソリューション

Our Solutions

Solutions 04

AOD導入による超高速レーザ加工システム

2024.1.25 2024.1.25

AODとはAcousto-Optic Deflectorの略であり、日本語では音響光学偏向器といいます。レーザ加工では通常、光学レンズを通してガルバノスキャナやX-Yステージにて位置決めを行います。そこにAODを加えることで、より高速にレーザを走査することが可能になります。稼働領域は限られますが、従来のガルバノスキャナの10倍以上の超高速加工が可能になります。

AODシステムとは


 伯東では、このたびG&H社との販売提携によりAODを利用したレーザ加工システムのソリューション提供が可能になりました。G&H社はレーザ光の制御システム用コンポーネントを多数有し、AODにも多くの実績を持つ企業です。一方当社は、ガルバノスキャナヘッド、発振器、測定機器、治具などを始めとした様々なレーザ加工装置を取り扱い・販売しております。当社のレーザ加工の知見をAODと組み合わせることによって、これまで以上の超高速レーザ加工が可能になります。

AODシステム導入のハードル


 AODシステムを用いた高速加工は、レーザ加工業界では比較的よく知られている技術です。しかし、知名度に対し導入実績が多くない理由は、そのシステム制御の難しさにありました。AOD導入の大きな利点は加工速度の高速化であります。実現のためにAODは超音波によってレーザ光の出射角を制御しますが、導入には多くのノウハウとスキル、AODにふさわしいシステム系の組み合わせ技術が必要です。これらのハードルによって、AOD利用に関するノウハウと専用システムを取り扱える加工会社は大手加工機器メーカに限られておりました。


 今回伯東とG&Hの提携により、上記の問題を解決することが可能になります。技術的ノウハウを必要とする部分は、伯東が責任をもってシステム設計とAOD制御系の選定をお手伝いいたします。AODの得意な領域は、限定された面積に対し高速で加工できる点であり、広範囲の面積には通常適していません。しかしながら、当社のガルバノスキャナと組み合わせることで、AOD/ガルバノスキャナの切り替えシステムで加工位置を変えられるため、AODによる加工が可能になります。つまり、当社システムは大面積を高速加工できるシステムの提供ができます。 


 お客様の加工材料、仕上がりの希望をご連絡頂ければ、当社ではレーザ光の選定からガルバノスキャナヘッド、発振器、測定機器、AOD、RFドライバを用いたレーザシステムの仕様を決定し、ソリューションとして御社へご提供いたします。これまで導入にハードルを感じられていたお客様、新たに興味持たれたお客様がいらっしゃれば、是非伯東にまでご連絡ください。AODの導入を一からお手伝いいたします。

AODシステムの導入例


 システムの一例として上記のようなセットをご提供可能です。従来はAODシステムを使用せず、そのまま加工するようなシステムが広く使用されていました。従来からの当社の商品群(ガルバノスキャナヘッド、発振器、測定機器を用いたシステム)に加えてAODをシステムに導入することにより、従来よりも高速な加工を達成することが可能になります。加工速度 (=生産速度)は従来システムに対して、一般的に10倍以上速くなります。

まとめ


 ガルバノスキャナよりも高速加工したいといったニーズはございませんでしょうか?
 AODシステムは知っていたけれど、導入を諦めていた or 見送っていませんでしたでしょうか?

 伯東はレーザノッチングシステムを日本で初めて市場導入したパイオニア企業であり、レーザ加工に強みを持つ会社です。


 AOD導入にあたり必要であったノウハウやスキルの問題を解決し、お客様に最適なレーザ光、ガルバノスキャナヘッド、発振器、測定機器、AOD、RFドライバを搭載した加工システムをソリューションとして提供可能です。

 AODによるレーザ加工に興味のあるお客様は、ぜひ伯東にご相談ください。伯東は豊富な経験と高度な技術力を持ち、AODシステム導入に向け、御社をサポートいたします。伯東にご相談いただければ、高加工精度と高生産性を実現できる、最適システムと加工条件をご提案いたします。お客様の個別ニーズに合わせ、最適なソリューションをご提案いたします。


 もし本件でAODに興味を持たれた、導入に向けた検討を考えたい、まずは相談してみたい、と感じられた場合にはぜひお気軽にご連絡ください。専門のスタッフが丁寧に対応させて頂きます。

レーザ加工のお悩み、
ラボでのテスト加工に関するご相談、
お気軽にお問い合わせください。